Food Security

安心安全への取り組み

品質保証への取り組みに関して

勇フーズでは、食の安全・安心に取り組み、お客様へお届けする商品の品質維持・向上に取り組んでおります。原材料の仕入れから製造、流通、お客様の食卓に届くまでの全工程で、厳しい目でチェックを行い、常にベストな商品をお届けできるよう弊社一同努めてまいります。

品質方針

100%植物性食品で安心安全な商品をお客様に!

私たちは、すべての商品において、品質を担保し、常にお客様が安心して口にすることができる安全な商品を提供します。食を通じてお客様の健康、豊かな食生活に貢献をします。​

  • 原材料、製造、流通に関して、厳しい管理基準を設け、常時チェックを行います。​
  • お客様からのご意見ご要望を重視し、より満足の頂ける製品作りを常に行います。
  • お客様に分かりやすく、ご理解いただけるよう法令遵守及び適切な情報開示を行います。
  • 第三者による監査、審査基準を採用し、品質を高めます。​

ベジーネの原材料に関わる工場の安全環境

〇野菜ブイヨン製造工場   ISO22000を取得​

〇酵母エキス        FSSC2000 ISO22000/14000/9001 HACCP HALAL KOSHER取得​

〇コメ油          JAS規格認定工場

〇製造工場         HACCP地域認証取得

海外からの輸入原料に関しての情報​

弊社では適切に検査を受けた海外輸入原料を一部採用しております。​
海外輸入原料の利用に関しては、以下のように考え、慎重に選定を行った上で原材料として利用をしております。​

政府による輸入製品のチェック

農林水産省、厚生労働省、財務省の3省庁が食品の輸入に関わり、各省庁管轄のもと、検査が行われています。​
「植物防疫法」「食品衛生法」「関税法」各審査で合格ができない場合、通関できないしくみになっています。​

  • 輸出国

  • 農林水産省 植物防疫所

    植物防疫法

  • 農林水産省 動物検疫所

    家畜伝染病予防法

  • 厚生労働省検疫所

    食品衛生法

  • 財務省税関

    関税法

  • 市場流通

検疫所の概要

検疫所は、主要な空港、海港を中心に、全国108ヶ所設置されており、このうち輸入食品の届出窓口は32ヶ所です。残留農薬検査、遺伝子組換え食品の検査などを専門スタッフが日々行っています。​

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144562.html

輸入食品

過去に発生した中国輸入品の問題を受けて加工食品の農薬検査を推進するなど、国として規制を強め、食品の安全性を追い求めています。

国内で生産された商品は本当に安全でしょうか?トレーサビリティはできていますか?​ 輸入食品であるかどうかは1つの考慮すべき点ではありますが、その製品がどのように生産され、どのようなプロセスを経てお客様の手に渡るのか これらの情報をしっかりと把握すること、お客様に包み隠さず開示できることこれが食の安全性の観点で何より重要です。

​食品等の輸入届出

食品等を輸入しようとする場合、事前の届け出が必要で、下記の届出事項全てを申請する必要があります。

<届出事項>

  • 輸入者の氏名、住所
  • 食品等の品名、数量、重量、包装の種類、用途
  • 使用されている添加物の品名
  • 加工食品の原材料、製造又は加工方法
  • 遺伝子組換え又は分別流通生産管理の有無
  • 添加物製剤の成分
  • 器具、容器包装又はおもちゃの材質
  • 貨物の事故の有無​

残留農薬

農薬に対して、外国産野菜の残留農薬が恐いとか、発がんの原因になるとか、間違ったイメージを抱いていらっしゃる方が多いですが、​ 基準は各国ごとに異なりますが、欧州など日本より全体的に高い基準をもって残留農薬を検査している国も多くあります。また、基準が低い国であっても、日本に輸入される場合には、日本の残留基準をクリアする必要があります。日本に輸入されている食品である以上は日本の定める基準を満たしていると言えるのです。